フィットネス.ダイエット.ファッション.ネイルなど❤キラキラした女の子になるための【キラキラブログ】

ダイエット、美容、健康、ネイル、ファッションなどの情報がいっぱい!キラキラした毎日をおくるためのblogです。。。✨

誰でも簡単!ジェルネイルを長持ちさせる下処理(プレパレーション)方法

      2016/01/04

SponsoredLink



こんにちは
皆さまはネイルサロンでネイルをしてもらった事ってありますか?
ケア、ポリッシュ(マニキュア)、ジェル、スカルプチュアすべての工程で入っているのがプレパレーション(下処理)です!ポリッシュの時とジェル、スカルプチュアの時では少し工程は変わりますが、出来上がりの綺麗さ、持ちなどをかなり左右するプレパレーションについて今日はご案内いたします(^^)

主に甘皮処理方法にはドライケアとウォーターケアの2種類がありますが
今日は簡単なドライケアについて詳しく案内いたします。



まず下処理をしていない爪です(オフした状態)
IMG_7454IMG_7458IMG_7452

ドライケアの際用意するものは(全部は要りません!あるもので大丈夫です)
・プッシャー
・セラミックプッシャー
・キューティクルニッパー(あった方がいいです)

まずプッシャーで甘皮をくるくると押し上げます
20130810090131290http://hibisetuyaku.blog.fc2.com/blog-entry-1095.htmlより引用
優しくくるくるしてくださいね
押し上げるようなイメージです。

この段階でこんな感じになれば、
IMG_7458
あとはニッパーで白い所、甘皮をカットするだけです。
切りすぎもよくはないのでジェルなどを塗ったら当たってしまいそうな飛び出ている甘皮だけカットするようにしましょう!

綺麗に切れるとこんな感じになります。
IMG_7459

IMG_7461



SponsoredLink

ジェルの施術の時は爪の表面部分はサンディング(爪の表面に小さな傷をつける)します。
サンディングは出来ればスポンジバッファーでしてください!
やりすぎは爪が薄くなったり割れてしまったり持ちが悪くなる原因になります。
気を付けましょう!
なければ100グリットくらいのバッファーにしましょう。

やり方は優しく小さく一定方向に動かして小さな傷をつけるイメージです。
爪の外側の方はしっかりめに、真ん中はほんとにさらっとで大丈夫です✨

あと、これは絶対してほしいのが、油分の除去

私的にはペーパーで拭き取ったりするより、ブラシをアルコールに浸して爪をブラッシングのほうがオススメです。

やっと下処理の完成です(^^)

爪が弱い人の対策法

対策その1:スポンジバッファーを使い、あくまでも軽く傷をつけるだけにする
自爪を薄くしない対策としてはまず、サンディングをする際にスポンジバッファーを使用する、という方法がオススメです。
爪を削るヤスリというのは基本的に硬いものなのですが、スポンジバッファーはヤスリとヤスリの間にスポンジが挟まっているため、爪のカーブにフィットしてくれます。そのため通常のヤスリと比べると同じように力を入れても爪表面を削りすぎず、爪への負担を軽減することができるのです。
対策その2:甘皮付近と爪先のみ傷をつける
自爪を薄くしないための対策としてはまた、爪表面全体ではなく、甘皮付近と爪先のみをサンディングする、という方法もおすすめです。
そもそもジェルがリフトするのは、甘皮付近もしくは爪先からで、爪の真ん中からリフトしてくるということはまずありません。ということはつまり、リフトしやすい部分のみをサンディングし、ジェルの定着を良くするだけでも十分なのです。
対策その3:サンディング不要のベースコートを使用してみる
現在はたくさんの種類のジェルがでてます。なかにはサンディング不要のベースコートもあるので使ってみるのもいいかもしれません。油分の除去は忘れずに行ってくださいね!スカルプチュアでは必ずサンディングしなければならないので傷んできたらジェルネイルに変えてみてはいかがでしょうか。

可愛くしたネイルが長持ちして幸せを運んでくれることを願っております❤

happy day

SponsoredLink

 - nail , , , ,